サルタリィ・ベンは、競走馬飼料・競走馬サプリメントを通して丈夫な馬づくりを応援しています。
競走馬飼料として多用されているゼラチン、コラーゲンとアミノ酸の補給を目的とした純品100%タイプゼラチンは、予防医学の素材としても重要な物質です。
運動器(蹄・骨・関節など)の健康に!若馬の成長に!胃腸の健康・疲労回復に!
競走馬飼料 コバスについてのお問い合わせ・ご注文はこちらまで 

TOPページ ごあいさつ 製品案内 事業内容 会社概要 リンク集 ブログ





名馬 タニノチカラ


タニノチカラとは天皇賞(秋)、有馬記念を制した日本の競走馬である。
1973年・1974年の優駿賞最優秀5歳以上牡馬。半兄に皐月賞、東京優駿(日本ダービー)
を制した二冠馬タニノムーティエを持つ。1969年産。

タニノチカラ”はゼラチンを食べていた


質量ともに日本一の名馬産地である北海道日高地方。日高地方にある九つの町のひとつ、
静内町には、かつての名馬”タニノチカラ(天皇賞、有馬記念優勝””タ二ノムーティエ
(さつき賞、ダービー優勝)””タニノハローモア(ダービー優勝)”を出したカントリ
ー牧場があります。

オーナーブリーダーズ谷水雄三氏所有のカントリー牧場は、「鍛え抜いて強くする」
「勝つ馬をつくる」という信念を抱いていた牧場です。強い馬を育てるための有効な
競走馬飼料としてゼラチンは日頃から与えられていたのです!!

カントリー牧場から巣立っていった他の数々の名馬達も、ゼラチンを摂取していたの
かもしれません。


強い馬をつくるためのゼラチンの効能


当時、カントリー牧場で働いていた人にゼラチンの事について話をお聞きすることが
できました。

当時は、蹄に弾力を与える目的で使われていましたが、とにかく蹄の伸びも早く、
新陳代謝が良い。骨、関節にとても良い作用があると思いました。
とのコメントをいただいています。(新冠在住のH様より)

(※2012年2月 谷水雄三氏の健康上の理由によりカントリー牧場を廃業される。)




昭和51年読売新聞より”タニノチカラ”とカントリー牧場についての特集記事。
強い馬を育てるために、飼料としてゼラチンが与えられてたことが記されています。

高品質な「新田ゼラチン」だから安心です。

当社のゼラチンは、競走馬用飼料に適合する最も高品質な製品を使用しています。
世界で知られた新田ゼラチンの高品質製品を正規代理店の当社よりお届けしていますので
高価な競走馬に安心してご使用いただけます。

>>製品案内のページへ戻る